スポンサーリンク
人事労務

労働基準法 第61条(深夜業)~年少者の労働条件~

条文 第61条(深夜業)使用者は、満十八才に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満十六才以上の男性については、この限りでない。2 厚生労働大臣は、必要であると認める場合に...
人事労務

労働基準法 第60条(労働時間及び休日)~年少者の労働条件について~

条文 第60条(労働時間及び休日)第三十二条の二から第三十二条の五まで、第三十六条、第四十条及び第四十一条の二の規定は、満十八才に満たない者については、これを適用しない。2 第五十六条第二項の規定によつて使用する児童についての第三十...
人事労務

労働基準法第39条7項、8項(使用者による時季指定付与)

条文 第39条7項及び8項(使用者による時季指定付与)7 使用者は、第一項から第三項までの規定による有給休暇(これらの規定により使用者が与えなければならない有給休暇の日数が十労働日以上である労働者に係るものに限る。以下この項及び次項...
人事労務

労働基準法第39条第6項(年次有給休暇の計画的付与)

条文 6 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、第一項から第三項までの規定に...
人事労務

労働基準法 第39条4項(年次有給休暇の時間単位の取得)

条文 4 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めた場合において、第一号に...
人事労務

労働基準法 第39条(年次有給休暇)

条文 第39条(年次有給休暇)使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。2 使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました