スポンサーリンク

新着記事

人事労務

健康保険事業における保険料について(法155条、法155条の2、156条)

保険者等は、健康保険事業に要する費用に充てるため、保険料を徴収します。 健康保険事業に要する費用には、前期高齢者納付金等及び後期高齢者支援金等並びに介護納付金並びに健康保険組合においては、日雇拠出金の納付に要する費用を含みます。 ...
人事労務

健康保険法 保険料率について(法160条)

全国健康保険協会の一般保険料率について(法160条) 全国健康保険協会が管掌る健康保険の被保険者に関する一般保険料率は、1,000分の30から1,000分の130までの範囲内において、支部被保険者を単位として全国健康保険協会が決定を...
人事労務

健康保険事業の事務の執行における国庫負担について(法151条)

国庫は、毎年度、予算の範囲内において、健康保険事業の事務の執行に要する費用を負担します。この健康保険事業の事務には以下も含みます。①前期高齢者納付金等②後期高齢者支援等③日雇拠出金④介護納付金 前期高齢者納付金等について 前期...
人事労務

健康保険法 特別療養費について(法145条)

日雇特例被保険者の手帳の交付を受けたばかりの者等は、保険料の納付要件を満たせず、療養の給付等を受けることができないことが考えられます。そのため、支給要件を満たすまでの間について、療養の給付等が必要となったときには、療養の給付に代えて特別療...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました