財務・会計

スポンサーリンク
財務・会計

CVP分析-感度分析

短期利益計画の設定に際し、目標利益に達しない場合には、さまざまな利益改善策を講じ、期待利益をできるかぎり目標利益に近づける必要があります。その利益改善策が、利益へどのような影響を与えているかを確認することは重要なことになります。感度分析と...
財務・会計

CVP分析-損益分岐点比率、安全余裕率

損益分岐点比率 損益分岐点比率とは、損益分岐点売上高が実際売上高に占める割合になります。 損益分岐点比率(%)=損益分岐点売上高÷実際売上高×100 損益分岐点が低いほど、企業はより少ない売上高で利益を得ることができてい...
財務・会計

CVP分析(Cost-Volume-Profit-Analysis)

CVP分析とは、原価(cost)、営業料(volume)、利益(profit)の関係を分析する手法になります。 CVP分析 また、CVP分析は、利益計画において設定された利益目標を達成するための損益分岐点(BEP:Break ...
財務・会計

生産性分析

生産性分析とは、経営資源がどの程度効率的に生産に寄与しているかを分析するものになります 生産性分析の体系 生産性分析は、一般的に企業が投入した資本・労働力・原材料などの経営資源(生産要素)の投入量(input)と獲得した産出量...
財務・会計

資本調達構造

資本調達構造は、企業の資金調達の構造の安全性を分析する指標になります。具体的には、企業が他人資本と自己資本でどのように資金調達をしているかを表す指標になります。 自己資本比率 自己資本比率は、総資本に閉める自己資本の割合を示す...
財務・会計

長期安全性分析-固定比率、固定長期適合

長期安全性分析では以下の指標が使われます。 固定比率 固定比率は、1年を超える期間で運用される固定資産が、返済義務のない自己資本によってどの程度カバーされているかを示す指標になります。固定比率は低いほど資産面で安定的な設備投資...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました