資金調達

スポンサーリンク
資金調達

経営者保証に関するガイドラインとは?

中小企業は、少子高齢化により人手不足や後継者が見つからない等の問題を抱えています。後継者候補が見つかったとしても、借入の返済責任を負うことを敬遠し、事業承継がまとまらないということもあります。 このような問題を解決するために、中小企...
資金調達

債務者区分と分類区分って?

金融機関が、債務者の財務状況、資金繰り、収益力等の返済可能性に応じて、評価を分けることを債務者区分といいます。債務者区分については、正常先、要注意先(要管理先)、破綻懸念先、実質破綻先に区分されます。 金融機関は、この区分に従って貸...
資金調達

保証人、連帯保証人、身元保証人の違いって?

まず、「保証」には、単純な「保証」と「連帯保証」があります。主債務者の保証をする、すなわち、主債務者が返済できなくなった場合に代わりに返済をするという意味では同じになりますが、この二つは保証しなければならない範囲や責任が大きく異なります。...
資金調達

期限の利益・期限の利益の喪失とは?

期限の利益とは、返済期限の到来までにその返済を履行しなくても良い利益になります。金融機関から融資を受ける際に、その内容に必ず関係するものになります。 期限の利益は債務者が受け取る利益 期限の利益とは、債務者が約定通り返済をして...
資金調達

銀行融資におけるリスケジュール(条件変更)とは?

財務状況が不安定な状態であれば、金融機関に新規融資を断られることもあり得ます。資金調達に失敗すれば、資金繰りが悪化し、場合によっては約定返済もままならなくなることも考えられます。その場合は、返済計画を見直す(リスケジュール)ことで資金繰り...
資金調達

信用保証協会-責任共有制度とは?

信用保証協会と金融機関が適切な責任共有を図ることを目的として平成19年10月1日から「責任共有制度」が導入されました。この制度が導入される以前は、原則として信用保証協会が全額保証であったため、金融機関は十分な審査をせずに保証が得られれば融...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました