スポンサーリンク

5フォース分析とは?

企業経営

5フォース分析とは、ポーターが考案した外部環境分析を行うためのフレームワークになります。
ポーターは、経営戦略を考える上で、業界の競争状態を把握することが重要としています。
また、その競争状態を決定する要因として以下の5つの要素を挙げています。
①既存業者間の敵対関係
②新規参入企業の脅威
③代替品の脅威
④売り手の交渉力
⑤買い手の交渉力

スポンサーリンク

5フォース分析の目的

競争状態は、業界内だけでなく、業界外の要因によって影響を受けることが考えられます。
5フォース分析は、5つの競争要因の分析から、企業が置かれている競争状態を把握し、企業がどの程度の収益を確保できるかをその業界構造を分析するフレームワークになります。

5つの競争要因について

既存企業間の敵対関係

業界に既に参入している企業同士の競争関係になります。
企業の取り巻く業界の競争環境が激しいほど、その企業同士の競争も激しくなります。
競争が激化する主な要因には以下が挙げられます。
【例】
・業界内での企業数が多い。
・業界内で同程度の規模の会社が多い
・市場規模の成長速度が遅く、顧客からのニーズも拡大が遅い
・商品、サービスの差別化が難しい
・先行投資の関係上、業界から撤退しにくい。

新規参入企業の脅威

業界に新しく参入する企業がある場合は、自社のシェアが奪われる可能性があります。
参入障壁が低い業界の場合については、特に新規参入企業の脅威が増すことになり、競争状態が激しくなることが考えられます。
そのため、市場への企業の参入は一般的に先行優位となりますが、参入障壁が大きく影響します。
なお、参入障壁の条件については、以下が挙げられます。
【例】
・規模の経済性が働いているか
・技術難易度はどうか
・販売経路の構築の難易度はどうか
・法律などによる規制はあるか

代替品の脅威

代替品とは、商品・サービス自体は異なるものの、同等の機能を有する商品・サービスをいいます。
このような代替品により既存の商品・サービスが競合し、場合によっては、シェアを奪われ競争が激化することがあります。
代替品にシェアを奪われやすい条件については、以下が挙げられます。
【例】
・業界内の代替品の多さ
・代替品のコストの低さ
・代替品の価値の高さ
・企業規模の大きさ

売り手の交渉力

売り手は、企業に対して商品を生産する部品や材料を提供する供給業者になります。
この供給業者が持つ部品などが特別に差別化されているものであれば、交渉力が増すことになります。
この供給会社の交渉力が企業にとって脅威となります。
交渉力が増す要因については、具体的には以下が挙げられます。
【例】
・需要が過多となっている
・特殊性があり、差別化されている
・相場がわからず価格比較がしにくい
・供給業者の寡占化となっており、価格交渉がしづらい

買い手の交渉力

買い手は、企業に対して商品を販売する企業になります。
この企業が大規模な販売網を保有し、購買力が非常に大きい場合には、その企業が持つ交渉力は業界にとって脅威となります。
この交渉力の脅威は、具体的には以下の要因が挙げられます。
【例】
・供給が過多となっている
・商品の差別化がしづらく、独自性が低い
・価格相場が明らかであり、価格交渉を受けやすい
・販売先の寡占化となっており、値引き要請を受けやすい

タイトルとURLをコピーしました