スポンサーリンク

3C分析とは?

企業経営

3C分析における、3Cとは以下の3つの頭文字を取ったものになります。
①市場・顧客(Customer)
②競合(Competitor)
③自社(Company)

3C分析とは、自社と市場・顧客、競合とのマーケティング環境を把握し、事業を成功に導くための手法になります。

スポンサーリンク

3C分析の目的

3C分析は、事業の方向性を定める際に活用する手法になります。
自社を取り巻く環境を整理する上で、有効な手法であり、シンプルでわかり易い点に特徴があります。
3C分析では、マーケティング環境に関わる重要な情報を、事実情報として押さえます。

集めた事実情報については、内部(自社)と外部(市場・顧客、競合)とも解釈ができます。
この事実情報を客観的な情報として捉えて、SWOT分析などの手法で自社の取る戦略を定めます。

3Cの各要素について

市場・顧客(Customer)

市場における購買意欲や購買能力のある顧客を把握やその潜在顧客の把握する必要があります。
具体的には、市場規模、顧客層、顧客のニーズ・購買プロセスなどを踏まえて分析します。

競合(Competitor)

自社の置かれている他社との競合やその相手を把握する必要があります。
競合の数、新規参入の脅威、競合の戦略などを踏まえて、競合からどのようにして市場を奪うかといった観点で分析をします。

自社(Company)

自社の置かれている環境を踏まえて、定性的・定量的に把握する必要があります。
自社の市場シェア、ブランドイメージ、経営資源などの自社の強み・弱みがどのように評価されているかといった観点で分析します。

タイトルとURLをコピーしました