スポンサーリンク

4P分析とは?

企業経営

マーケティングの4Pは以下をいいます。
①製品(Product)
②価格(Price)
③チャネル・物流(Place)
④プロモーション(Promotion)

企業がマーケティングの目標を達成するためには、環境の分析、目標・ターゲットの設定を踏まえ、4つの要素を開発し、実際に市場に投入することになります。
企業はこの4つの視点から商品を消費者に効率良く販売する方法を考える必要があります。

スポンサーリンク

4P分析の目的

4P分析は、企業のマーケティング戦略を立てる際に使われる手法になります。
また、マーケティングミックスとも呼ばれる分析手法であり、企業は市場においてどのような競争的地位を得るか決定するための手法になります。

4Pの各要素の意思決定事項

製品(Product)

商品の機能性、見た目、ブランドイメージ、サービスなどに着目して、競合他社との差別化ができているかが重要になります。
消費者のニーズの根幹となるため、非常に重要な要素になります。

価格(Price)

機能・サービスとその価格が消費者にとって納得できるものであるか、また、企業が利益を確保できる価格であるかが重要になります。
消費者の満足度にも影響しますので、重要になります。

チャネル・物流(Place)

消費者が購入しやすい購入場所・流通経路はどのようなものであるかは商品・サービスを販売する上で、重要になります。
また、どこで販売するかで商品のイメージも変わり、販売量にも影響することが考えられます。

プロモーション(Promotion)

消費者のニーズに沿った商品でも、プロモーション次第でその販売量は大きく変わります。
多くの消費者に商品を認知させることが重要になります。

各マーケティング要素の意思決定事項の具体的な内容

各要素の意思決定事項の具体的な内容については以下のようなものが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました