スポンサーリンク

保証人、連帯保証人、身元保証人の違いって?

資金調達

まず、「保証」には、単純な「保証」と「連帯保証」があります。
主債務者の保証をする、すなわち、主債務者が返済できなくなった場合に代わりに返済をするという意味では同じになりますが、この二つは保証しなければならない範囲や責任が大きく異なります。
なお、金融機関に保証人を要求された場合は、一般的に連帯保証人のことを指します。

なお、両者の違いは、保証人には認められている「催告の抗弁権」、「検索の抗弁権」、「分別の利益」が、連帯保証人には認められてない点になります。

スポンサーリンク

催告の抗弁権とは?

催告の抗弁権とは、金融機関が急に保証人に返済を請求してきた場合に、まずは主債務者に対して請求するように主張することができる権利になります。

検索の抗弁権とは?

検索の抗弁権とは、主債務者に返済余力があるにもかかわらず返済を拒否した場合、それを理由に金融機関に対して主債務者から返済をするように主張することができる権利になります。

分別の利益とは?

分別の利益とは、保証人が複数いた場合に実際に主債務者に代わって返済をする必要がある場合も、借入金全額を保証するのではなく、保証人の人数分で按分した金額だけを負担することをいいます。
例えば、3人の「保証人」がいた場合、3,000万円の借入金に対しての保証は、各々1,000万円ずつになります。
しかしながら、連帯保証人が3人の場合は、借入金の全額について返済の義務があります。

連帯保証人については、「検索の抗弁権」、「催告の抗弁権」、「分別の利益」が認められないため、主債務者と同等の責任を負うことになります。

身元保証人とは?

一般的な借入の保証や連帯保証などと異なるものとして「身元保証」があります。この身元保証人とは、一般的な保証人とは、負担する内容が異なります。

身元保証人については、従業員の身元保証するために必要になることが一般的ですが、単にその身元を保証した従業員の身元を確認するだけではありません。
例えば、その従業員が会社に対して何らかの損害を与えた場合に、代わりにその負担をすることになります。

身元保証人の責任の範囲の制限

単純な「保証」や「連帯保証」は、特定の金銭債権についての保証になりますので、その負う責任は明確になります。
したがって、保証人・連帯保証人については、あらかじめ負う責任の範囲は明確に予測ができます。
しかしながら、身元保証の場合については、将来どんな損害が発生するか予測が困難になります。
あらかじめ予測ができない事柄について、著しく過大な責任を負わせることは、身元保証人にとって負担が多大となります。
そのため、「身元保証ニ関スル法律」によって、身元保証人が保証すべき責任の範囲が限定されています。

タイトルとURLをコピーしました