スポンサーリンク

期限の利益・期限の利益の喪失とは?

資金調達

期限の利益とは、返済期限の到来までにその返済を履行しなくても良い利益になります。
金融機関から融資を受ける際に、その内容に必ず関係するものになります。

スポンサーリンク

期限の利益は債務者が受け取る利益

期限の利益とは、債務者が約定通り返済をしていれば、債権者から返済を請求されない権利のことをいいます。
なお、この期限の利益は、債務者が希望すれば、放棄をすることもできます。
この期限の利益の放棄するとは、繰上げ返済をすることを言います。

期限の利益の喪失

期限の利益の喪失とは、債務者の返済を請求されない権利がなくなることをいいます。
この場合は債権者から繰上げ返済を請求されることがあります。

なお、期限の利益の喪失については、民法137条では以下のように定められています。

(期限の利益の喪失) 第137条次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。
一 債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
二 債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
三 債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

民法以外でも多くの場合、契約によって期限の利益を喪失する条件が定められています。

金融機関と結ぶ銀行取引約定書などでは、民法の規定以外では以下のような規定があることが一般的です。

①手形交換所または電子債権機関の取引停止処分を受けた時
②弁護士などに債務整理を依頼したとき
③債権の(仮)差押え、保全差押え、差押さえ命令などがあったとき
④返済の履行が遅れたとき
⑤取引約定書に違反したとき
⑥所在が不明になったとき
⑦反社会的勢力に該当するとき など

タイトルとURLをコピーしました